旭化成ホームプロダクツ様と共同で「食事とパフォーマンスの関係性に関するモニター調査」を実施

オフィス向けにサラダの定期配送サービスを展開する「サラド」と「旭化成ホームプロダクツ」が社内モニターを実施。試食会とランチセミナーを2週間に渡っておこなった。


「働く人のパフォーマンス改善」をミッションとし、従業員が喜ぶ福利厚生サービスとして美味しくて健康的なサラダをご提供するRed Yellow And Green 株式会社(本社:東京都目黒区 社長:細井 優)は、 旭化成ホームプロダクツ株式会社(本社:東京都千代田区、 社長:澤江 潔)と共同で、 「食事とパフォーマンスの関係性に関するモニター調査」を実施いたしました。


調査結果の主なトピック: □食事の違いにより食後の主観によるパフォーマンスの差は最大で21%(集中できていると感じた人の差) □自身の健康に対する意識の違いはサラダ摂取時と普段食の時で37% □健康経営上重要な指標であるプレゼンティーズム軽減にも一定の影響力の可能性 □サラドの導入意向についてのNPS調査は業界の平均を上回る-1.4%

■調査結果の特徴

□健康食の社内モニター参加者割合について:どの性別・世代が興味が高かったか。

・男性の世代割合トップは30代(57.1%)、40代/50代を合わせても32.1%と30代を下回った。

・女性の世代トップは30代(18.6%)、40代(37.2%)、50代(44.2%)と比較的分散した。



□健康経営と食事の関係性について:プレゼンティーズムの程度と推移について。

・2週間のモニター調査の前後で問題なし評価の方の割合が16%増加。

・健康経営で課題として挙げられているプレゼンティーズムに影響の可能性。




□ランチ摂取の1.5〜2時間後のパフォーマンスに関する主観調査:

(モニターの主観によるアンケート結果)


・1位|集中出来ている:サラダ食のあとは83%の方がそう感じると回答し、普段食の場合は62%で21%の差があった。

・2位|仕事が捗っている:サラダ食のあとは85%の方がそう感じると回答し、普段食の場合は67%で18%の差があった。

・3位|眠気がある:サラダ食のあとは23%の方がそう感じると回答し、普段食の場合は38%と回答。15%の差があった。




□自身の健康に対する意識の変化と行動変容の可能性。

・サラダ摂取時

  変化があった:51.8%

  変化がなかった:48.2%

・普段食の際

  変化があった:14.4%

  変化がなかった:85.6%




□モニター期間終了時のサラド導入意向NPS調査の結果では業界平均値を上回る。

注)グラフは二つの調査結果を並列で表記しています。サラドのNPS調査は今回のモニター調査を対象に、その他企業のNPS調査はEmotion Tech社の過去の数値を参照しています。(ソース|調査主体:Emotion Tech|https://markezine.jp/article/detail/29294




■調査概要

調査日 :2020年1月8日(水) ~ 2020年1月24日(金)

調査方法 :モニター調査

調査人数 :71名

調査対象 :東京都勤務の20代~50代男女


■会社概要

名称  Plug and Play Japan株式会社

所在地 〒150-0043

    東京都渋谷区道玄坂一丁目10番8号 渋谷道玄坂東急ビル2F

代表者 代表取締役社長  ヴィンセント・フィリップ

URL  http://japan.plugandplaytechcenter.com/

設立  2017年7月14日


【本件に関する問い合わせ先】

Red Yellow And Green 株式会社

info@salad.co.jp