SALAD MAGAZINE vol.2

2017/03/17

農園めぐり

 

〜サラドのサラダに欠かせない美味しく安全なお野菜たち。そんなお野菜を心を込めて作ってくださっている農園さんにサラドのクルーが見学へ行って来ました。今回はそのレポートをみなさまへとお届けしたいと思います〜

 

 

最初は人参を中心にブロッコリー、ピーマンなどの有機栽培に取り組んでいる加瀬農園さん。人参嫌いな人でも食べられるほどえぐみがなくとっても食べやすいこちらの人参は独特の堆肥レシピで土のph値を管理することで人参の甘い味わいを演出していらっしゃるとのこと。土から抜いた人参をそのまま生で食べてご覧と言われ、恐る恐る頂いたのですが最高に美味しかったです。目をつぶって食べると柿と勘違いすると表現した方もいらっしゃるとか。サラドでは「キヌアとごろごろ野菜のサラダ」に入っています。

 

 

 サラドのチラシにも載っている素敵なご夫婦

 

 

 この人参に火を通してからチョップしサラダに入れています

 

 

 

つぎは地元で大きな米農家として影響力を持つ一方、その他の野菜も広い面積の農地を生かして栽培している佐瀬農園さん。こちらではサラドのロメインレタスをすべて産直で作ってもらおうという計画があり、苗が植えられています。

 

 

 佐瀬農園の気さくなお父さん、息子さんと

 

 

 ロメインレタスの苗。すくすく育ちますように...!

 

 

 

そして、年間80種類以上ものお野菜を栽培しているというくくりの森。なんとこちらの赤軸ほうれん草は糖度が12度もあるとのこと!

 

 

 無農薬、無化学肥料を貫く、くくりの森の完一さんとカラフルなお野菜たち

 

 

 良いお野菜を食べているわんちゃんは犬特有の体臭がしないそうです

 

 

 

最後は、200年の歴史を誇り珍しいお野菜をたくさん育てているかつのりな農園さん。こちらではシルクレタス、フリルレタス、カブ、紫小松菜といったサラドの4月限定メニューに向けた野菜を育ててくれています。お楽しみに!

 

 

 かつのりな農園のかつのりさん。お野菜以外にも野菜チップスや人参ジュース、米粉クッキーなども作られています

 

 

 4月にはサラドに運ばれてくるレタスたち。種植え中

 

 

 一つひとつ大切に

 

 

 4月が待ち遠しい。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

サラダ屋が感じたカスタマーサクセスとは

2018/12/22

1/5
Please reload

最新記事