「タコと夏野菜のサラダ」

2017/06/27

タウリンたっぷりのタコと体を冷やす夏野菜は暑い季節に最適です。

 

 

タコの秘めたるパワー

タコを食べることで得られる効果として知られているのが「肝機能強化」「眼精疲労の緩和」「動脈硬化/高血圧 の予防」などですが、これらはタウリンの成分によるものです。実はタコはタウリンをたっぷり含んでいて、その量はその他の魚の2-5倍程度と言われています。魚介ではトップレベルの超優秀な生き物なのです。一時期はタコが含有するコレステロールの量が懸念とされましたが、タウリンがコレステロール値を下げるという研究 結果が出たことによりその懸念はもはや懸念ではなくなりました。

 

 

 

 

 

暑い季節に最適な風味に仕上げました!

今回はそんなタコに夏野菜である「きゅうり」「トマト」「なす」を合わせることで、暑い夏には 最適のサラダが出来上がりました!更にフレッシュなお味に仕上げるために「大葉」と「ミョウガ」 を加えていますので、風味も大変魅力的なものになっています。

 

こちらのサラダにご用意したドレッ シングは「トマトコンソメ」と言うもので、トマトの種の周りにあるジュレを濾したものに「オリーブオイル」 「レモンジュース」「塩」を加えて作るとても手の凝ったものです。 手が凝ってはいますが、トマトのジュレさえ濾してしまえば後は意外とシンプルに作れますので、是非ご自宅でもお試しください。

 

なお関西では夏至から半夏生と呼ばれる初夏にタコを食べるという風習があるそうで、タコの夏との相性を感じずにはいられません。なお、殆どの方がご存じないと思いますが「土用のタコは親にも食わすな」ということわざがあるそうで、こちらも夏にタコを食べることの魅力をひしひしと感じさせられます。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

サラダ屋が感じたカスタマーサクセスとは

2018/12/22

1/5
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ