農業体験@斎藤農園 w/ DeNA

2018/10/27

以前より夢だったお客様との農業体験ツアー!!!

前々から夢だった企業様との農業体験ツアーに創業3期目にして遂に行くことが出来ました!企業様というのが2017年よりお付き合いのあるDeNA様。

 

当初よりお話ししていた「サラダを食べる理由を腹落ちして頂く→サラダを召し上がって頂く→サラダを自分たちで作り興味を深めて頂く→野菜の生産者にお会い頂き日々の食事にありがたみを持って頂く」という考え方/学びに共感頂き、ゴールとも言える農業体験にお越し下さいました。

 

う、嬉しい!感無量です!

 

農園長のご挨拶🙋‍♂️

今回伺ったのは千葉県山武市にあるたがやす倶楽部。《完全無農薬 x 完全発酵堆肥 x 完熟収穫》有機JAS認定はとらないが、化学肥料などを一切使わない有機農業で、食べる人の喜びと健康だけを思って野菜を育てる齊藤完一さん(完ちゃんってよんでね♪)の農園です。

 

 

ベジリンクで食育を担当する磯川さん(イソッペってよんでね♪)が当日の体験をリードしてくれます。流石に慣れていらっしゃって、特にお子さん達への説明が上手い。引き込まれます👏

 

 

早速畑へ!

説明が終わるとうずうずする体を抑えきれずすぐに畑に突入です。

とにかく子供達の積極性がすごい。初めから一切尻込みせずにガンガン農作業に取り組みます。土や水たまりなど一切気にせず攻めに攻めます。軍手をつけずに素手で掘り起こす子も出てきたり。

コンクリートジャングルにお住いの、デジタルネイティブ世代のお子さん達ですよね?土とか、泥とか、虫とかに対するアレルギーとか一切ないんですか?と質問をしたくなるくらい自然に振る舞うみんな。そうか、DeNAだけに、これはもうDNAレベルで備わっているモチベーションなんだ。と納得。みんな素敵です✨

 

完ちゃんがつきっきりで指導。子供と同じ目線で指示を出してくれる完ちゃんは知らないうちに「師匠」と呼ばれていましたw溶け込むのがうまい完ちゃん。👏

 

 

本日の主役?BBQ time!

待ちに待った本日のメイン?BBQです!この日の農業体験はBBQ付き。BBQと行っても一般的なBBQとは一線を画します。この日は斎藤農園で採れた野菜(ビーツ、おいも三種、空芯菜、ピーマン)がメイン。おいしく焼いていただきます。

これに加えて秋刀魚と釜焚きの麦飯入りご飯も用意されておりテンションが上がります🎶

 

 

 

ドレッシング作りワークショップ

食事が終わると、さらに食に関する学びを深めます。サラドで出しているドレッシングをみなさんにもぜひ味わって頂きたいということで液体塩麹を使ったドレッシングのレシピ体験と醤油麹作りに精を出して頂きました!想像以上にちびっこ達が参戦してくれて、非常に盛り上がりました。

 

液体塩麹ドレのお味は大好評。みなさんお家に帰っても作ってくれると嬉しいです!

 

 

そして最後は

小学校ぶりレベルの綱引きが面白かった!ふかふかの土に足を取られるので、負荷が半端ないのですが、日常ほぼ接することのない競技に新鮮味を感じます。大人と子供の戦いが熱く繰り広げられました🔥

 

最後に

以前より構想はしていた企画だったのですが、あくまでそれは構想で。

具体的なイメージや得られるものは恥ずかしながらなかったのですが、今回のイベントを通して色々なことを感じました。

単純に子供達すごいな。裸足で土の上駆け回ってる。とか。

すごいこだわりを持って作られた畑って、すごいフカフカだな。羽毛布団みたい。とか。

IT企業の社員さん土の上でも躍動してる。すごいハイブリッドだな。とかとか。

 

自分もオフィスワーカーだった過去があるのですが、オフィスを離れて同僚と接するっていう機会って良いなと、客観的に感じちゃいました。普段仕事でしか接しないと、すごくかしこまった関係と言うか、真面目な関係と言うか、若干距離感を感じて接すると言うのが密に仕事をしている間柄じゃない限り、普通なんです。ただ、こういった場所で、素の自分を同僚に見てもらえるとオフィスで見られない自分の魅力とかを知ってもらえたりして、情緒的繋がりが生まれたりして、同僚間の関係強化とかに繋がるんじゃないかなと。そんな副産物がある気がしました。

 

情緒的繋がりってその人の為にもうちょっと頑張ってあげようとか思えて、なんか良いのですよね。数字とか、義務の為だけじゃないから、エクストラの努力が出来る。

そのエクストラの努力を生み出す情緒的な繋がり。良いですよね。

 

まさに想定外のことなのですが、ちょっとだけ今回の取り組みでそれを感じちゃいました。僕らが出来ることって意外とあったりするんじゃないかなと。色々な取り組みを通してこう言う学びがあるので、学ばせて頂いた分をお客様がたにもっと還元していこうと思った1日でした。

 

またこのような機会がありましたらご報告差し上げます!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

サラダ屋が感じたカスタマーサクセスとは

2018/12/22

1/5
Please reload

最新記事